faxを一斉送信できるソフトの種類とは

fax 一斉送信 ソフト

従来のfax機は、原稿を差し込んで、相手先の回線に繋がったら、原稿が送信されるという仕組みになっています。一つの原稿を複数の宛先に送信したい場合には、同じ作業を繰り返す必要があります。この繰り返しの手間を省いてくれるのがfax送信ソフトです。パソコンで作成したり、読み取ったりした原稿なら、パソコンから複数の宛先に一斉送信ができるというものです。一斉送信を可能にするためには、パソコンにfaxソフトをインストールする必要があります。faxソフトは、ウィルスソフト等と同じように、ダウンロード版やパッケージ版が販売されており、1回に同時送信できる数や、付随する機能によって、価格が異なってきます。複数台のパソコンで一つのfaxソフトを共有できるソフトもあるので、用途に合わせて選ぶと作業の効率を上げることができます。

faxを一斉送信できるソフトにはたくさんの利点があります

プライベート使用でも、faxで送る原稿の作成は、パソコンで行われることが多くなってきています。しかし、fax機で送信するためには、パソコンで作成した原稿を、いったんプリントして送信するという手間がかかります。その点、faxソフトを導入したら、パソコンの原稿をそのまま送信することができるようになります。わざわざ原稿をプリントしなくてよいので、コスト削減にもなります。宛先を選ぶのも簡単になり、複数の宛先にも簡単に一斉送信ができるようになります。さらに嬉しいのは、fax機そのものを設置しなくてもよくなります。受信もパソコンで行い、必要なデータのみ、プリントすることが可能になります。パソコンで送受信をすべて行えば、fax機で必要なインクやカートリッジ、用紙等のコストがすべて不要になるので、メリットは大きいです。

faxの一斉送信をするために必要なソフトとモデム

faxの一斉送信ができるようにするためには、faxソフトを購入して、パソコンにダウンロードする必要があります。そして、パソコンから送受信をするための電話回線と、電話回線とパソコンをつなげるfaxモデムが必要になります。faxモデムはパソコンに内蔵されているものもありますが、たくさんのデータを一斉送信するためには、faxソフトの規格に合ったモデムを設置した方が、安定して使用できます。また、従来のfax機同様に、1本の電話回線で併用ができますが、通話を妨げないで、一斉送信をするためには、fax専用の回線を別途設けた方が時間を選ばずfax機能を活用できます。faxソフトとモデムを電話回線に接続すれば、あとはfax送信をする際の通信料が発生するだけで、月額使用料などはかからないのも嬉しい点です。